グルコサミンとコンドロイチン

アセチルグルコサミンとコンドロイチンサプリメントの効果と効能を教えてください

グルコサミンとコンドロイチンの関係

最近、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントが非常に多いですよね。どちらも関節の痛みの緩和や改善に役立つものですし、元々は人間の体の中に存在しているものです。

ただ、年齢とともにどちらもだんだんと減っていき、主に軟骨に存在するこの2つが減ることで、関節の痛みや違和感などが出てきます。だんだんと体内から減っていくグルコサミンとコンドロイチンを外から補うことで関節のスムーズな動きを取り戻そうという意味合いで、今、これらのサプリメントが売れている訳です。

どちらも食べ物で補うこともできるものですが、グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻に多く含まれていると言われてますが、殻を食べる習慣ってほとんどない人が大半なので、食べ物で補うのは難しいかと思われます。

コンドロイチンは納豆やオクラなどの基本、ネバネバした食品に多く含まれていると言われてます。ただ、全部を食品で補うのはちょっと難しいですよね。

この2つは一括りにされることが多いですが、実際のところ、それぞれのには若干ですがきちんとした違いがあります。

グルコサミンは軟骨の主成分で、コンドロイチンは軟骨の再生を促し、低下した機能を高める効果があります。なので、これを1セットで補っていくと相乗効果がもたらされる訳です。

ただ、全部を全部サプリメントに頼るのも問題なので、グルコサミンとコンドロイチンが多く含まれている食べ物を、なるべく意識的に食べるようにしつつ、足りない分をサプリメントで外から補っていくのが理想的な補い方かと思います。