日本製のグルコサミン

アセチルグルコサミンとコンドロイチンサプリメントの効果と効能を教えてください

日本で製造されているグルコサミンについて

グルコサミンって一言で言っても、そのサプリメントはみんな同じってわけではないみたいです。中でもよくある違いとしては、主成分がグルコサミン硫酸塩か、グルコサミン塩酸塩かという点とのこと。

日本で製造されているグルコサミンサプリメントは、後者のグルコサミン塩酸塩が主成分みたいです。

こっちの方が、グルコサミン硫酸塩よりも分子が小さいため、摂取した後の吸収率が良いそうです。ただ、海外で製造されているのだと、後者のグルコサミン硫酸塩が使われていて、こっちは分子が大きく吸収率が悪いそうです。

となると、同じ量のグルコサミンを摂取したくても、海外製のグルコサミンサプリメントを服用する場合は、日本製のよりもたくさん錠剤をのまなくちゃいけないということなんですね。

海外製のサプリメントって、どれも日本製より安くて良いなって思ってましたけど、グルコサミンサプリメントに限って言うと、安い代わりに1回で結構な量飲まなくちゃいけないみたいですから、結局はあまり変わらないんですね。